ニュースリリース
Main Page.jpeg

2022年5月18日

​Scenarist, LLC

株式会社StayConnected DX

 

 

米国Scenarist, LLCがScenarist UHD v2022のリリースを発表

Scenarist UHD v2022とBD v2022の同時販売開始

株式会社StayConnected DX

2022年5月18日

 

本日、Scenarist社よりScenarist BD v2022とScenarist UHD v2022 のメジャーアップデートが同時に発表されました。Scenaristユーザーからのリクエストを元に開発が進められ本日ついにv2022としてリリースされました。v2022ではオーサリング時のエラーを削減し効率的に作業をするための機能が盛り込まれております。

 

Scenarist社と株式会社StayConnected DXは、1990年代にディスクメディアが誕生して四半世紀が経つ今も尚、時代にフィットしたオーサリングシステムの開発を目指し、これからもオーサリングコミュニティーを全力でサポートして参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Release Note: Scenarist UHD Version 2022

 

 

 

New features

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • SBD-804 — メディアキーブロック(MKB_RO.inf)をデフォルトで最大サイズに設定されています。(5.24MBではなく134.22MB)

  • SBD-894 — データツリーにオーディオタイムコードを自動的に設定します。

  • SBD-908 — .hevcヘッダー情報から開始時刻メタデータを読み取る機能が追加されました。                                                      

  • SBD-911 — 別のプロジェクトにストリームをコピーするときにstreamIDをコピーするようになりました。

  • SBD-918 — ビデオ開始時間への自動オフセットがTrueに設定されている場合、オーディオデータ開始時間の変更ができないよう変更が加えられました。

  • SBD-922 — 2Chステレオと2ChドルビーサラウンドLt/Rtを区別するために「Acmod」属性を追加することができるようになりました。

  • SBD-923 — META\DLフォルダで使用される.jpg画像の仕様に準拠しているか確認できる機能を追加しました。

  • SBD-930 — プレイリストマークオプションを追加する機能が新しく導入されました。

  • SBD-941 — ドルビーアトモスライブラリの最新バージョンにアップグレードしました。

  •  

Resolved issues

このリリースには、以下の解決された問題が含まれています。

  • SBD-662 — IG色空間プロパティを変更するオプションを有効にしました。(BT.709、BT.2020)

  • SBD-781 — SUHDからCC6クリップを作成するオプションを削除しました。

  • SBD-882 — TCが変更されたときにAtmosトリムファイルが更新されない問題を改善しました。

  • SBD-912 —ボリュームラベルで小文字が使える様になりました。

  • SBD-913 — プロジェクト設定の施設名の文字数制限(20文字)がなくなりました。

  • SBD-914 — ツリーの順番を維持するよう改善しました。(SBDの5.xバージョンではツリーの順番を維持していました。)

  • SBD-916 —ドルビーMLPプロセス中にUIがフリーズしたように見える問題を解決しました。

  • SBD-917 — 最大転送速度をLTR/HTRに変更すると、すべてのm2tsファイルがプロジェクトから削除される問題を解決しました。

  • SBD-924 — ファイルトラッカーで、ファイルを見つけた後、置き換えができない問題を解決しました。

  • SBD-926 — ある一定の条件下でCMFが作成できない問題を解決しました。

  • SBD-927 — 自動レイアウトを使用した場合に画像の作成に失敗する問題を解決しました。

  • SBD-933 —トリミングされたPGを使用してコピーされたクリップを削除しようとするとエラーが発生する問題を解決しました。

  • SBD-939 — LTR/HTRトリプルレイヤープロジェクトをレイアウトできない問題を解決しました。

  • SBD-942 — 新しいSUHDBDJApplicationProfileはデフォルトが6(2ではなく)に設定が変更となりました。

  • SBD-943 — PTSブレークを手動で選択しても、レイヤーサイズが更新されない問題を解決しました。

  • SBD-960 — ブランチをするタイトルで、pre-muxのプロセス中にフリーズする問題を解決しました。

  • SBD-961 —レイアウトエディタでのPartial mux中にクリップステータスがUndoneになる表示の問題を解決しました。

  • SBD-984 — DoViエンコードBLをクリップレベルでトリミングしてからELを追加しても、ELが正しくトリミングされないない問題を解決しました。

  • SBD-988 —Eclipseベリファイヤエラー:CMF File Missing or incorrectを修正しました。

 

 

Scenarist UHD v2022 ご購入に関してのお問い合わせ

株式会社StayConnected DX

URL:www.StayConnectedDX.com

e-mail:info@stayconnecteddx.com